スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (01)



『ネクスト・ソサエティ』(01)




今回から、P・F・ドラッカーの『ネクスト・ソサエティ』
の中から、名言をご紹介していきます。


ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 本書が前提とするものは、ただ一つである。

 ネクスト・ソサエティに備える国だけが、

 来るべき日々において立派な社会と経済を

 手にするということである。
         
                    (P.ⅱ)

         (001-1-0-000-427)

 



 


 30年以上存続する企業はほとんどなくなる

 ことを覚悟しなければならない。政府機関や

 政府プログラムさえ、30年はもたなくなる。

 かつては、働く者のほとんどにとって、

 労働可能年限は30年以下だった。

 肉体労働者として疲れきってしまった。

 しかし今日、20代で労働力市場に入ってきた

 知識労働者は、50年経ったあとも心身ともに

 働くことが可能である。

 
 今日のところ、50歳あるいは55歳に達した

 働き手のなかに、知識労働者は少数である。

 しかし2030年には、彼らが単独では最大の

 層となっているはずである。
 
                   (PP.16-17) 

          (002-1-0-000-428)

 





 知識労働者とは新種の資本家である。

 なぜならば、知識こそが知識社会と知識経済

 における主たる生産手段、すなわち資本

 だからである。今日では、主たる生産手段の

 所有者は知識労働者である。

 
 知識は専門化して、初めて有効となる。

 というのは、知識労働者は組織と関わりを

 もたざるをえないことを意味する。

 組織とは、多分野の知識労働者を糾合し、

 彼らの専門知識を共通の目標に向けて

 動員するための人の集合体である。 

                 (P.21)

          (003-1-0-000-429)

 







ここでのキーワードは、「知識」と「知識労働者」
です。


「知識は専門化して、初めて有効となる」
と述べています。


このことを、このほどノーベル物理学賞を受賞した、
中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校
教授は、『ごめん!』(ダイヤモンド社 2005年7月
14日 第1刷)の中で、いみじくも次のように語って
います。


 一概には言えませんが、文系人間は広く浅い
 
 タイプに多く、狭く深い人間は理系に多いような

 気がします。

 私の場合、広く浅くというのはまったく苦手です。

 周囲が見えなくなるくらい狭く深く考えるタイプ

 です。特に、好きなことには、とことんまでのめり

 込んでしまいます。
 

  (上掲書 P.056)

これは、まさに「知識は専門化して、初めて有効と
なる」という意味で、研究者は「知識労働者」の
典型ということになります。


昔は、「専門バカ」と軽蔑されることが少なくあり
ませんでしたが、広く浅い知識では専門家とは
言えません。


日本では、長年、広く浅い知識のジェネラ
リストが重用されてきました。狭く深い知識を
持つスペシャリストは軽視されてきました。


最近10年ほどで、ようやく「プロフェッショナル」
という言葉が定着してきました。


大前研一さんの定義では、


 道なき道、ルールのない世界でも「洞察」と

 「判断」をもって組織を動かしていけるのが

 プロフェッショナルです。これは顧客に関する

 深い洞察と、そこに働いている力、つまり

 「Forces at Work(フォーシズ・アット・ワーク)」

 への理解がなくてはできません。正しい答えが

 なくても、いろいろな状況を想定して、正しい
 
 対処をしていくことは可能なのです。 
 

  (『ザ・プロフェッショナル 』 ダイヤモンド社 
  2005年9月29日 第1刷発行 PP.36-37)

ということになります。


ドラッカーの本は、抽象的な表現が多いので、
その都度、自分で具体的なものを当てはめ
ながら考えることが、必要になります。









こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
4248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
284位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。