スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (41)

『21世紀へ』(41)







 技術者の観点から眺めると、発明家という

 ものはどんな発明をしても、発明をやり遂げ

 たその日から、もっとよい方法はないかと

 考え始める人間なのです。企業でも究極の

 製品を追いかけて、よいものをよりよくする

 ために、イノベーションを起そうと懸命な努力

 が払われています。 
         
                    (P.301)

         (121-1-0-000-409)

 



 


 クリエイティビティの競争、知恵の競争

 において、日本人が劣っているとは

 思われません。ステークホルダーズを

 尊重することによって、もし日本が競争力

 を失うことがあるとすれば、そのような

 競争力は失われても惜しくないとさえ考え

 ます。

 さて、競争が本来、知恵の競争、クリエイ

 ティビティの競争であるなら、そうした競争は

 自由にしかも徹底的に行われて当然です。
 
                    (P.303) 

          (122-1-0-000-410)

 





 ECの市場統合やNAFTA(北米自由貿易

 協定)の動きが、経済ブロック化・保護主義化

 をもたらし、それぞれが“要塞(フォートレス)”

 になるのではないかと危惧されています。

 しかし、私は違った見方をしています。国単位

 では多少の犠牲を払っても、また、それぞれの

 主権に制限を受けても、国境を越えて市場を

 開放し、地域主義から脱却して、彼らはすでに

 その巨大な歩みを世界の一体化(グローバリズム)

 の方向に進めていると見たいのです。

 むしろ、日・米・ECの間で自由競争の土俵を

 一つにしようとするとき、いちばん問題が多い

 のは日本なのではないか、が懸念されます。

 日本自身が“要塞”になっていないか、といわれる

 ことに耳を傾けるべきだと思います。欧米の要塞化

 を心配する前に、自らを顧みなくてはなりません。 

                   (PP.304-305)

          (123-1-0-000-411)

 







「欧米の要塞化」という言葉が、マスコミに
よって一時声高に叫ばれたことがありました。


結局、「欧米の要塞化」には至っていません。
自国あるいは、自国を含めた複数の国々の
諸事情が複雑に絡み合い、「要塞化」はメリット
があまりないと判断されたからでしょう。


「要塞化」の代わりに台頭してきたのは、
経済連携協定がらみの米中の囲い込みです。


米中の綱引きが激しくなるにつれ、日本はどの
ような選択をするのかといえば、米中両国との
関係を切らしたくないということです。


しばらく、TPP(環太平洋経済連携協定)に
関する協議が止まっていますが、日本はまだ
正式に参加表明はしていません。


一方、ASEAN(東南アジア諸国連合)との関係
を深めようと、日本はODA(政府開発援助)を
使ってアジア諸国の支援に力を入れています。


EU(盛田さんはECと述べている)と日本の
関係は、米中やアジア諸国と比べ、あまり深まっ
ているようには感じられません。


EUの覇者、ドイツとの関係強化を積極的に
進めるべきだ、と個人的には思います。


日独両国は、第二次世界大戦の敗戦国であり
ながら、戦後の目覚しい復興によって世界の
上位に存在感(プレゼンス)を示しています。


もっとも日本はドイツに比べ、徐々に世界の中で
プレゼンスが低下してきています。


その理由の一つは、世界一のスピードで進行する
少子高齢化に抜本的な改革がなされていないから
です。


安倍首相は「成長戦略」という言葉だけは立派な
政策を推進しようと躍起になっていますが、
いつの間にやら、マニフェスト(選挙公約)を守る
ことを忘れてしまっています。


議員定数の是正と、公務員の人員削減と給与の
引き下げは実施されていません。


正確には、公務員給与の引き下げはわずか2年
で終了し、2014年4月から2年前の水準に戻して
います。


その一方で、消費増税は予定通り施行し、来年
10月から実施予定の、現行の8%から10%への
税率アップはほぼ決定のようです。


来春には統一地方選挙が実施されるため、
安倍首相は盛んに地方へ足を運び、
「地方の時代」という言葉を強調しています。
自民党は地方のために働いているとアピール
したいためです。


マスコミは、与党がマニフェストを実行していない
ことを報道していません。与党に都合の悪いことは
報道しない、という姿勢を横並びで続けています。


マスコミは、国民に本来伝えるべきことを伝えず、
どうでもよいことは報道するというスタンスをとり
続けていますが、私は基本的にマスコミを信用
していません。


国民に伝えるべきことを伝えずにいて、
マスコミの存在理由(レゾンデートル)はあるの
でしょうか?


先日、内閣改造を行いましたが、何も目新しいこと
はありません。


えっ? 女性議員5名が入閣したではないか、
と言うかもしませんが、それは目眩ましです。


成長戦略とやらの具体策として「女性の活用」を
謳っているため、取り繕うために入閣させただけ
です。ハッキリ言って、十分に機能するとは、
思っていません。


いつまでも愚痴を言っていてもしかたがないので、
これで終わりにします。


それにしても、「日本丸」が「タイタニック」のような
悲劇を生まなければよいが、と願うばかりです。


盛田さんの嘆きが聞こえてきそうです。
「何でこんな日本にしてしまったのだ?」と。





スポンサード・リンク

ソニーグループ運営の医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】会員登録








こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3666位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
257位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。