スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (38)

『21世紀へ』(38)





盛田さんが日米関係を語っているのは、
20年以上前のことですから、現状とは
かなり異なります。


ですが、日米関係の歴史を知るためには、
盛田さんが長年関わってきた米国との
関係を語っている個所は、重要であると
考えています。


中国がGDP(国内総生産)で日本を抜き、
米国に次いで第2位となりました。


米国は日本よりも中国との貿易を重視する
ようになり、中国は中国で米国への輸出を
増大させました。


米国にとって、13億人という人口を抱える
中国は魅力的な市場であり、中国にとっては、
米国産の食糧は欠くべからざるものとなって
います。


中国は国内産の食糧だけでは、もはや需要に
供給が追いつかない状況になっています。


ですから、米国からの食糧に頼らざるを得ない
のです。


米国は中国の巨大なマーケットが魅力的で、
米国の農産物を輸出したいのです。


このように中国と米国の利害関係が一致した
のです。


中米関係が強化されるに従って、日本の頭越しに
外交交渉が頻繁に行われるようになりました。


ただし、中国人の根本的な考え方の一つである、
常に片足ははずしておく、という点は理解しておく
必要があります。物事に両足を突っ込むという
リスクを負うことはしないのです。


最近、マスコミはTPP(環太平洋経済連携協定)
を議題に載せなくなりましたが、中国はTPPに
参加していません。中国はアジアで中国が中心
となる、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)
を推進しています。


日本は、TPPにもRCEPにも参加する予定です。
TPPに加盟するのは時間の問題でしょう。


日本は、この件に関しては、米中の板挟みに
なっています。


詳細はこちらのブログをご覧ください。
アジアの苦悩 米中激突の最前線 2014.06.09 <2>








 アメリカは自由の国ですから、自分たちの

 買っているものを減らそうとしない。

 貿易をこれ以上管理しようという考え方も、

 本質的に嫌いなんです。そうすると結局、

 インバランスを是正するには、日本が輸入を

 増やしてくれなくてはいけない。日本の輸入が

 増えないのは、システムが悪いんだ、日本の

 社会構造、経済構造が悪いんだ、したがって

 「構造協議」の名目のもとに、日本の構造に

 いろいろと注文をつけて、日本の政府の対応

 を臨む――というのがアメリカの立場です。
         
                    (P.253)

         (112-1-0-000-400)

 



 


 この構造協議について私が思うのは、

 いままでの日米交渉の経緯を見ると、

 いつもアメリカのペースで事が運ばれて

 きた。アメリカが半導体といえば半導体、

 シェだといえばシェアが争点になる。

 そして今度は構造協議ということになった

 でしょう。日本はどうもアメリカ側のペース

 に巻き込まれて、その場その場で対応しよう

 としているのではないか、そんな印象を持っ

 ているんです。
 
                    (P.253) 

          (113-1-0-000-401)

 





 いまや世界経済はモノだけが動いている

 のではない。目には見えないソフトウェア

 に支払われるお金を勘定に入れず、

 ハードウェアだけを問題にするのはおかしい。

 とくにアメリカは、サービス産業、いわゆる

 “第三の波”が発達していて、ソフトウェア面

 ではかなり出超でしょう。

 それなのにハードウェア、つまりモノが国境を

 越えることだけを標的にして、インバランスだ、

 何とかしろといっているのが日米間の現状なの

 です。

                     (P.258)

          (114-1-0-000-402)

 





スポンサード・リンク

ソニーグループ運営の医師求人、転職支援【エムスリーキャリア】会員登録








こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
409位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。