スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マキアヴェッリ語録』 塩野七生 (02)





『マキアヴェッリ語録』 (02)





『マキアヴェッリ語録』 塩野七生 新潮文庫
平成4年11月25日 発行


目次
第1部 君主編
第2部 国家編
第3部 人間編






マキアヴェッリ(日本ではマキャベリと表現されることが多い)
は『君主論』の著者として知られ、「マキャベリズム」が
人口に膾炙しています。


その思想を端的に表現する言葉は、
「目的は手段を正当化する」
です。


目的のためならどんな手段を講じてもかまわない、と解する
ことが多いですね。


実は、私もこの書を読むまではそのように解釈していました。
言葉を文脈の中で解釈せず、言葉が独り歩きすることの怖さは、
風説の流布でも経験することです。


福島第一原発事故以後、周辺にお住まいの方々は風説の流布
に悩まされ続けています。拡散した誤情報はさらに誤情報を加え、
拡大していきます。容易に訂正されることはありません。



話しを戻しますと、マキアヴェッリの実像はどのようなもので
あったのか、そして「目的は手段を正当化する」と言っている
ことの真意は何だったのか、を知りたいと思いました。


先入観を取り払い、大前研一さんが言う、「オールクリア
(電卓のAC)」にしてマキアヴェッリの説くことに耳を傾ける
ことにしました。


マキアヴェッリは、1469年5月3日にイタリアのフィレンツェで
生まれ、1527年6月21日に没しています。15世紀から16世紀
にかけて活躍した思想家です。500年位前の人です。


ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画

ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画 Wikipedia から
 


塩野七生(しおの・ななみ)さんは、「まえがき」に代えて
「読者に」で次のように記しています。塩野さんが解説
ではなく、また要約でもなく、「抜粋」にした理由を説明
しています。


尚、10ページ以上にわたる説明からポイントとなる言葉を
「抜粋」しました。




 この『マキアヴェッリ語録』は、マキアヴェッリの思想の

 要約ではありません。抜粋です。

 なぜ、私が、完訳ではなく、かといって要約でもなく、

 ましてや解説でもない、抜粋という手段を選んだのかを

 御説明したいと思います。

 第一の理由は、次のことです。

 彼が、作品を遺したということです。


 マキアヴェッリにとって、書くということは、生の証[あか]し、

 であったのです。


 マキアヴェッリは、単なる素材ではない。作品を遺した

 思想家です。つまり、彼にとっての「生の証し」は、今日

 まで残り、しかもただ残っただけではなく、古典という、

 現代でも価値をもちつづけているとされる作品の作者でも

 あるのです。生涯を追うだけで済まされては、当の彼自身

 からして、釈然としないにちがいありません。


 抜粋という方法を選んだのには、「紆曲」どころではない

 マキアヴェッリの文体が与えてくれる快感も、味わって

 ほしいという私の願いもあるのです。そして、エッセンスの

 抜粋ならば、「証例冗漫」とだけは、絶対に言われない

 でしょう。


 しかし、彼の「生の声」をお聴かせすることに成功した

 としても、それだけでは、私の目的は完全に達成された

 とはいえないのです。マキアヴェッリ自身、実際に役に立つ

 ものを書くのが自分の目的だ、と言っています。 

 

  (前掲書 「読者に」から PP.3-5、14)




お待たせしました。マキアヴェッリの名言をご紹介します。


第1部 君主編



 国を守るためには、信義にはずれる行為でも

 やらねばならない場合もあるし、慈悲の心も

 捨てねばならないときもある。人間性をわきに

 寄せ、信心深さも忘れる必要に迫られる場合

 が多いものだ。

 だからこそ、君主には、運命の風向きと事態の

 変化に応じて、それに適した対応の仕方が求め

 られるのである。また、できれば良き徳から

 はずれないようにしながら、必要とあらば、

 悪徳をも行うことを避けてはならないのである。


                    ―― 『君主論』 ――

                              (P.68)

         (004-1-0-000-481)
 



 


 成功を収めるには2つの方法があるということだ。

 第1の方法は法律であり、第2の方法は力である。

 第1の方法は、人間のものであり、第2の方法は、

 野獣のものである。

 しかし第1の方法だけでは多くの場合充分でない

 のが現実だから、第2の方法の助けを借りるほうが

 有効であることを知っておく必要がある。

 要するに君主は、人間的なものと野獣的なものを

 使い分ける能力をもっていなければならない、

 ということになる。

  
                    ―― 『君主論』 ――

                              (P.70)               
                             
          (005-1-0-000-482)
 






 善人としての評判を得ていた人物が、目的達成の

 ために悪を為さざるをえなくなったときは、

 普通ならば、少しずつ人の注意をひかないように

 しながら、やり方を変えていくほうがよい。

 だが、もしも好機が訪れれば、一朝にして変わる

 ほうが有効だ。

 なぜなら、変容があまりにも急なものだから、

 以前のやり方で得ていた支持者を失うより先に、

 新しい支持者を獲得することができるからである。

 これを守らない場合、あなたの真意は人の知る

 ところとなり、ために以前の支持者すらも失った

 あげく、破滅に向かって突進することになるわけだ。


                    ―― 『政略論』 ――

                              (P.72)
                              

          (006-1-0-000-483)
 








『マキアヴェッリ語録』を読むと、500年前の人物が
語ったとはとても思えません。


マキアヴェッリは実在するかのように、現代の君主
(リーダー)のあり方を率直に語っているように感じ
ます。


キレイ事だけでは、人を取りまとめ、多くの人を守り、
より良き方向へ導く(リード)ことはできないという
ことです。


八方美人は君主(リーダー)にはなれないのです。
すべての人に好かれることなど不可能です。
それどころか、信用されません。


好かれることばかりを気にかけ、嫌われることを
恐れている人は、リーダーに不向きです。


考え方に一貫性がなく、コロコロ変わってしまうから
です。そんな人物を信用、信頼できますか?


「悪者」になりきらなければならない時が必ず、
あります。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
スポンサーサイト

『マキアヴェッリ語録』 塩野七生 (01)





『マキアヴェッリ語録』 (01)





『マキアヴェッリ語録』 塩野七生 新潮文庫
平成4年11月25日 発行


目次
第1部 君主編
第2部 国家編
第3部 人間編





マキアヴェッリ(日本ではマキャベリと表現されることが多い)
は『君主論』の著者として知られ、「マキャベリズム」が
人口に膾炙しています。


その思想を端的に表現する言葉は、
「目的は手段を正当化する」
です。


目的のためならどんな手段を講じてもかまわない、と解する
ことが多いですね。


実は、私もこの書を読むまではそのように解釈していました。
言葉を文脈の中で解釈せず、言葉が独り歩きすることの怖さは、
風説の流布でも経験することです。


福島第一原発事故以後、周辺にお住まいの方々は風説の流布
に悩まされ続けています。拡散した誤情報はさらに誤情報を加え、
拡大していきます。容易に訂正されることはありません。



話しを戻しますと、マキアヴェッリの実像はどのようなもので
あったのか、そして「目的は手段を正当化する」と言っている
ことの真意は何だったのか、を知りたいと思いました。


先入観を取り払い、大前研一さんが言う、「オールクリア
(電卓のAC)」にしてマキアヴェッリの説くことに耳を傾ける
ことにしました。


マキアヴェッリは、1469年5月3日にイタリアのフィレンツェで
生まれ、1527年6月21日に没しています。15世紀から16世紀
にかけて活躍した思想家です。500年位前の人です。


ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画

ニッコロ・マキャヴェッリの肖像画 Wikipedia から
 


塩野七生(しおの・ななみ)さんは、「まえがき」に代えて
「読者に」で次のように記しています。塩野さんが解説
ではなく、また要約でもなく、「抜粋」にした理由を説明
しています。


尚、10ページ以上にわたる説明からポイントとなる言葉を
「抜粋」しました。




 この『マキアヴェッリ語録』は、マキアヴェッリの思想の

 要約ではありません。抜粋です。

 なぜ、私が、完訳ではなく、かといって要約でもなく、

 ましてや解説でもない、抜粋という手段を選んだのかを

 御説明したいと思います。

 第一の理由は、次のことです。

 彼が、作品を遺したということです。


 マキアヴェッリにとって、書くということは、生の証[あか]し、

 であったのです。


 マキアヴェッリは、単なる素材ではない。作品を遺した

 思想家です。つまり、彼にとっての「生の証し」は、今日

 まで残り、しかもただ残っただけではなく、古典という、

 現代でも価値をもちつづけているとされる作品の作者でも

 あるのです。生涯を追うだけで済まされては、当の彼自身

 からして、釈然としないにちがいありません。


 抜粋という方法を選んだのには、「紆曲」どころではない

 マキアヴェッリの文体が与えてくれる快感も、味わって

 ほしいという私の願いもあるのです。そして、エッセンスの

 抜粋ならば、「証例冗漫」とだけは、絶対に言われない

 でしょう。


 しかし、彼の「生の声」をお聴かせすることに成功した

 としても、それだけでは、私の目的は完全に達成された

 とはいえないのです。マキアヴェッリ自身、実際に役に立つ

 ものを書くのが自分の目的だ、と言っています。 

 

  (前掲書 「読者に」から PP.3-5、14)




お待たせしました。マキアヴェッリの名言をご紹介していきます。


第1部 君主編



 わたしがここに書く目的が、このようなことに関心をもち

 理解したいと思う人にとって、実際に役に立つものを

 書くことにある以上、想像の世界のことよりも現実に存在

 する事柄[ことがら]を論ずるほうが、断じて有益である

 と信ずる。


                    ―― 『君主論』 ――

                              (P.62)

         (001-1-0-000-478)
 



 


 歴史に残るほどの国家ならば必らず、どれほど立派な

 為政者に恵まれようとも、二つのことに基盤をおいた

 うえで種々の政策を実施したのであった。

 それは正義と力である。

 正義は、国内に敵をつくらないために必要であり、

 力は、国外の敵から守るために必要であるからだ。


 ―― 『フィレンツェ共和国の今後について、メディチ家の
 質問に答えて』 ――   


                              (P.63)               
                             
          (002-1-0-000-479)
 






 君主(指導者)は、それをしなければ国家の存亡にかか

 わるような場合は、それをすることによって受けるであろう

 悪評や汚名など、いっさい気にする必要はない。

 なぜなら、たとえ一般には美徳[ヴィルトウ]のように見える

 ことでも、その結果はと見れば、共同体にとっての安全と

 繁栄につながる場合もあるからである。


                    ―― 『君主論』 ――

                              (P.67)
                              

          (003-1-0-000-480)
 








マキアヴェッリの語る言葉は深い、と思います。


君主(指導者)を言い換えれば、リーダーですが、
リーダーの心構えを説いている部分は、リーダー個人
のことよりも国家を優先せよ、と私は解釈しました。


自分の人気や評判を気にするのではなく、もっと大きな
視野で物事を見なさい、と言っていると思います。


上に立つものは「大人物になれ」、と言っているのです。
小心者では務まりません。


他人から嫌われることも必要なのです。


「正義と力」について説いている箇所もじっくり考えて
みる必要があるでしょう。


正義と力の使い方を誤ると国を滅ぼします。
天下国家を論ずるという機会がなくなった現代の日本
だからこそ、もしもマキアヴェッリが現代に生きていたら、
いろいろなことを質問してみたい、という気持ちになり
ました。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (17)



『ネクスト・ソサエティ』(17)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 正しい仮説

 課税に対し、日本についての正しい仮説は

 次のとおりである。

 第1が、官僚の優位性はほとんどあらゆる

 先進国で見られるとの仮説である。アメリカ

 といくつかのあまり人口の多くない英語圏の

 国、すなわちオーストラリア、ニュージーランド、

 カナダのほうが例外である。


 第2が、日本の官僚は、われわれが考えるより

 もはるかに耐久性があるというものである。日本

 の官僚は、長年の不祥事と無能の暴露にもかか

 わらず権力を維持してきた。


 第3が、先進国では、アメリカを別として、社会の

 維持にはエリートの指導力が必要とされていると

 いうものである。後を継ぐ者が現れないかぎり、

 既存の指導層に頼らざるをえない。


 第4が、日本では先送り戦略が有効であるという

 ものである。


 そして第5が、日本の政治家、官僚、経済界など

 の政策形成者にとっては、大事なのは経済よりも

 社会であって、先送りこそ合理的な戦略であると

 いうものである。


                     (PP.250-251)

         (049-1-0-000-475)

 



 


 天下り問題

 当人にとっての最高のポストに到達した45歳から

 55歳の官僚が大企業などに迎えられるという、
 
 日本語でいう天からの降臨すなわち天下りは、

 アメリカでは日本特有のものとされている。それは、

 日本における官僚の支配、権力、特権のあからさま

 な象徴とされている。しかし、これはアメリカを含む

 あらゆる先進国に共通する慣行である。

            
                     (P.252) 

          (050-1-0-000-476)

 





  フランスでは、40歳から45歳で栄ある財務官に

 任命された後、産業界や金融界のトップに天下る。

 権力をともなう重要な地位のほとんどが元財務官

 で占められている。イギリスでさえ、高級官僚は

 銀行や保険会社の頭取や社長に天下る。

 アメリカでも天下りは周知のことである。何十人もの

 元将軍や元提督が、防衛産業や宇宙開発産業に

 役員として天下る。議会スタッフや政治任命の官僚

 というワシントンの支配層が、ロビイストや法律事務所

 のパートナーとして迎えられる。

 ところが、日本の官僚は絶頂期にあった1970年当時

 でさえ、経済的な影響力ではヨーロッパの官僚に遠く

 及ばなかった。フランスやドイツでは政府自らが経済

 活動の相当部分を所有している。


                      (PP.252-253)

          (051-1-0-000-477)

 








この文章を読むまで、官僚の「天下り」は日本特有の慣行
である、と思っていました。


実はそうではなかったのですね。
アメリカでも、フランスでも、さらにイギリスでさえ、「天下り」
は周知のことだったのです。


なぜ日本の官僚制度ばかりが、海外から批判されるのでしょう。
その理由の1つは、やはり欧米諸国のほうが日本よりかなり上位
にあるという意識が強いからでしょう。


それでも言えることは、民主党と共和党の2大政党制を採用する
アメリカでは、政権が取って代わると、官僚を含む役人は入れ
替わるのに対し、日本ではそのまま維持されることです。


つまり、日本では政権が変わろうと、官僚を含む国家公務員は
地位を維持できるということになります。権力を維持、継承して
いけるのです。一度握った既得権益を手放すことなどしません。
どんなことをしても守ろうとします。


一見すると、規制緩和(ディレギュレーション)が行われたように
見えて、実は名称だけ変えて復活しているケースはいくらでも
あります。



さて、長い間『ネクスト・ソサエティ』からピーター・F・ドラッカー
の名言をご紹介してきましたが、今回で最後になります。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


次回からは、『マキアヴェッリ語録』(塩野七生 新潮文庫 
1992年11月25日 発行)から名言をご紹介します。


この本の冒頭(「読者に」)で、塩野七生さんは、次のように
ことわっています。

「この『マキアヴェッリ語録』は、マキアヴェッリの思想の
要約ではありません。抜粋です」


できるだけ忠実に、そうかと言って完訳でもなく、抜粋に
した理由については、スタートする際にご紹介しましょう。


ご存じのとおり、マキアヴェッリは15~16世紀イタリアの
政治思想家です。日本では「権謀術数」を操る、悪いイメージ
が固定化していますが、この本を読むとそのイメージが覆され
ます。


「目的は手段を正当化する」
マキアヴェッリの言葉として、特に有名です。


目的のためにはどんなことをしてもよいのだ、という意味に
なります。


ですが、この言葉の前後を読み、文脈の中でこの言葉を
もう一度捉え直すと、決してそれほど単純なことではない
ことに気づきます。


彼は一定の条件下においては、それも許されるというような
ことを書いています。無条件で認められるわけではありません。


この本の中には、私たちが日常何気なく使う言葉がマキア
ヴェッリが言った言葉だったのか、と気づくことが多くあります。


そのような事例もご紹介していきます。


ご期待下さい!







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
409位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。