スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (10)



『ネクスト・ソサエティ』(10)




ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 この40年あるいは50年というもの、経済が

 主役だった。これからの20年あるいは30年

 は、社会が主役になる。少子高齢化は、

 そのまま社会的な問題の発生を意味する。

 製造業はこれからも伸びていく。しかし、雇用、

 特に肉体労働者の雇用は大幅に減少する。

 GNPに占める割合も減少する。
        
                     (P.134)

         (028-1-0-000-454)

 



 


 どうしても短期的な視点からマネジメント

 したくなるが、かなり危険である。経営者

 が学ぶべきことの一つが短期と長期の

 バランスをはかることである。

 GEのジャック・ウェルチは短期の業績を

 綿密にチェックしていた。ただし彼のいう

 短期とは半年ではなく3年だった。そして

 同時に、人事をはじめ長期的な視点から

 マネジメントしていた。知力戦略と呼んでも

 よいものだ。

 これはGEだからできたことでもあった。

 GEでは、1920年代に近代的な財務戦略

 を確立していた。30年代には人材育成の

 観点からの人事戦略を確立していた。

 ウェルチはGEの伝統に立っていた。毎月

 167の事業に目を通しつつ、7年後を見

 据えた人事を行なっていた。

                     (PP.134-135) 

          (029-1-0-000-455)

 





 変化を観察することである。しかもあらゆる

 世界を見ていくことである。そして、それら

 の変化が本物の変化か、一時の変化か、

 自分たちにとってチャンスかどうかを考えて

 いくことである。見分け方は簡単である。

 本物の変化とは人が行なうことであり、

 一時の変化は人が言うことである。

 話にばかり出てくるものは一時のものである。 

                      (P.135)

          (030-1-0-000-456)

 







ここでのキーワードは、観察です。


現象ではなく、その背後に隠れている本質
をよく観察することによって、物事の真の姿
が見えてくるのだ、と私は解釈しました。


ドラッカーが指摘した、
「本物の変化とは人が行なうことであり、
一時の変化は人が言うことである」

という言葉は、なかなか深いと思いました。


GEの元CEO (最高経営責任者)、ジャック・
ウェルチ氏について書いています。


名経営者の一人と言われています。


偶然ですが、「日経ビジネス」(2014.12.22 号)
の特集は、
「ものづくりの未来を変える GEの破壊力」
というテーマで扱っています。


2014年12月24日から3回にわたって、日経
ビジネスの特集記事というテーマでブログを
投稿しますので、ぜひ、ご覧ください。


GEがいかにすごい会社であるかを知ること
になるでしょう。トーマス・エジソンが作った
会社であることは、その後の発展を考慮する
と、偶然ではありません。


GEも、エジソンにとって「発明」の一つだった
のかもしれません。


それにしましても、ドラッカーは飛び抜けて
優れた「観察者」だな、と実感します。


机の前で思索するのではなく、現場をつぶさに
観察し、そこから導き出された事実に敬意を
払い、背後にある本質を捉える人だった、
と考えています。


数十年というスパンで物事を見通せたのも、
本質をしっかり掴んでいたからでしょう。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
スポンサーサイト

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (09)



『ネクスト・ソサエティ』(09)




ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 インターネットが教育に与えるインパクトは、

 企業に対するよりもはるかに大きなものに

 なる。全体として知識労働者の労働可能

 年限のほうが、雇用主たる企業の寿命より

 も長くなる。歴史上初めてのことである。

 これからは誰もが、高度の知識、しかも

 専門化した知識をもたなければならない。

 その結果、高等教育の重心が、若者の教育

 から成人の継続教育へと移行していく。
        
                     (P.128)

         (025-1-0-000-451)

 



 


 情報は伝えられるたびに内容が半減する。

 これからはマネジメントの階層が急減する。

 その代わりに、情報を中継すべく残された

 者はきわめて有能でなければならなくなる。

 知識は急速に陳腐化する。したがって、

 専門的な継続教育が成長分野となる。

 経営幹部用のマネジメントプログラムも、

 5年以内にオンラインで行なわれるように

 なる。

                     (P.129) 

          (026-1-0-000-452)

 





 ギリシャの歴史家ツキディデス(紀元前460~

 400)は、覇権は自滅するといった。覇権を

 もつものは傲慢になる。自己満足に陥る。

 しかも他の勢力を結集させる。必ず拮抗力が

 生まれる。自滅せざるをえない。防衛的になる。

 尊大になる。過去を守るだけになる。そして

 自滅する。歴史に長命の独占はない。

                      (P.132)

          (027-1-0-000-453)

 







ここでのキーワードは、知識であり、情報です。


小さい頃、伝言ゲームをしたことがあるでしょう。
7人位が1チームになって、問題の出題者が
数チームの先頭の人に、ある「同じ話」をします。


話を聞いた先頭の人は、2番目の人にその話の
「内容」を伝えます。2番目の人は3番目の人に
「内容」を伝えます。3番目の人は・・・・・。
そのようにして最後の人に話を伝え終えたら、
最後の人が、その「話」の「内容」を公開します。


結論を言いますと、問題出題者が話した「内容」と
伝言を最後に聞いた人の「内容」は大きくかけ離れ
ていることが極めて多いです。


なぜでしょうか?
「情報は伝えられるたびに内容が半減する」
ばかりか、中継した人が元の話に尾ひれをつけ
たり、内容を取り違えたりするからです。
聞いた人が勝手な解釈をしてしまうのです。


そして、さらには、「知識は急速に陳腐化する」
からです。きちんと聞いたはずですが、再現しよう
とする際に、詳しい内容を忘れてしまうのです。


伝言ゲームは、このように「情報の内容が半減
する」ことや、「知識は急速に陳腐化」することを
ゲームを通じて体験することで、重要なことを
学ぶことができるゲームです。


話は変わりますが、ギリシャの歴史家、ツキディ
デスの言葉は人間の本質をついていますね。


今から2500年くらい前の人間が、人間の本質を
見抜いています。人間の精神は、数千年たっても、
あまり発達していないということなのでしょうか。


精神性において、後世の人間のほうが優れている、
とはとても言えませんね。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (08)



『ネクスト・ソサエティ』(08)




ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 コンピュータ・リテラシーをもたないならば、

 社員から敬意を期待してはならない。

 彼らにとっては日常のことである。上司が

 コンピュータ・リテラシーをもつことを当然と

 する。私の5歳の孫娘は、もし私が、おじい

 ちゃんは電話が怖いんだよと言ったならば

 尊敬などしてくれないだろう。信頼もしてくれ

 ない。
        
                     (PP.118-119)

         (022-1-0-000-448)

 



 


 時代の変化とともに、われわれ自身が

 変化しなければならない。読み書きと

 掛け算に毛の生えた程度の最低限の

 コンピュータ・リテラシーから、情報を

 使ってものごとをなしとげるという情報

 リテラシーの域に達しなければならない。

 それは面白く価値のある挑戦である。

 われわれはそのような時代の流れの

 なかにいる。その流れは速い。

                     (P.119) 

          (023-1-0-000-449)

 





 eコマースは距離を克服するどころか

 距離を消す。eコマースでは売り手は

 どこにいてもよい。顧客は売り手がどこに

 いるかを知らない。気にかけない。そして、

 今日世界最大の書店となったアマゾン・

 ドット・コムなどのeコマースの売り手たち

 のほうも、注文がどこから来たかを気に

 しない。

                      (P.121)

          (024-1-0-000-450)

 







ここでのキーワードは、コンピュータ・リテラシー
です。さらに言えば、インターネット・リテラシーでも
あります。


リテラシーという言葉は、「能力」と訳されますが、
もう少し細かく言えば、物事を扱える「能力」の
ことです。


昨晩(2014年12月6日)、ショーンKさんがMC
を務めるJ-WAVEの「PRIME FACTOR」という番組
のなかで、面白い話を耳にしました。


電動バイク販売で日本一になった、テラモーターズ
の徳重徹社長が生出演していたのですが、ショーン
Kさんとの対談のなかで、パソコンとiPadの話が
出てきました。


徳重さんがこのような話を披露しました。
「祖父がこう言っていたのです。『iPad を使うように
なって、パソコンより操作がとても簡単でいい。
インターネットはどうやって使うんだろう?』と。
実際、iPadでネットサーフィンしていたのですが、
背後でインターネットが使われていることに
気づいていないのです。

高齢者の中には、『インターネットはどこで売って
いるのだろう?』という人もいます」。


笑い話ではなく、そうした疑問を抱く人がいても
不思議ではない、と思っています。


少なくとも、インターネットを意識せずに使えて
いることは、素晴らしいことだ、と思います。


あなたはこの話を聞いてどう思いましたか?







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
409位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。