スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (20)

『21世紀へ』(20)





昔、4Cというキーワードがありました。
"Customer" "Competitor" "Company" "Channel" です。
顧客、競合企業(競合者)、自社、流通チャンネルの
ことです。


ところが、現在では、競合企業が見当たらない市場も
出来上がっています。


Winner takes all. (勝者の総取り)


圧倒的な強さで、市場を奪ってしまったり、
新市場を自ら作り出し、その市場の支配者となる
ケースが出てきています。


例えば、情報のすべてを支配しつつあるグーグルは、
潤沢な資金力を背景に、通信分野やヒューマノイド
(人型ロボット)あるいは軍事ロボット、クルマの
自動運転システムなどの市場を先取りしよう、
と全社で猛烈なスピードで動いています。


アマゾンは書籍のネット販売からスタートしましたが、
今ではクラウドコンピューティングの世界で勢力を
増大させています。


アマゾンは、ビッグデータを処理できるサービスを
低コストで提供しています。


グーグルとアマゾンがIT(情報技術)市場を支配
してしまう可能性がある、と言われています。


日本はこの世界でも後塵を拝することになるので
しょうか。






 腕のたつ人は腰掛け的な人が多いように

 見受けられるのが、会社から出ていって

 外でやるのはちっとも悪いことではない。

 会社も、その会社の機構に合わない人を

 無理にとめておくことはない。

 といって、いい人が出ていくということ

 ではない。むしろ出ていく人は、会社と

 いう機構には合わなくて、そして、むしろ

 自分でやったほうがいい人が出ていくので

 あって、優秀な人たちだけが社を出て、

 残っている人はみんなぼんくらだと思うの

 は大間違いだ。   
 
                   (PP.96-7)

         (058-1-0-000-346)



 


 独立したほうがいい人は独立したほうが

 いいし、会社のなかで腕をふるえる人は、

 会社のなかで腕をふるえばいいのだ。
 
                     (P.97) 

         (059-1-0-000-347)





 東通工は市販品を生産・販売する初期に

 おいて、商法の鉄則ともいうべき、よい

 教訓を得、今日ソニーに脈々と流れる

 経営の基本ポリシーを打ち立てたのである。

 すなわち、それは「自ら計画し、自ら

 生産した製品は、自らマーケットをつくり、

 自らの販売計画によって販売すべきである」

 ということである。

                     (P.109)

         (060-1-0-000-348)







記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング



こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦

スポンサーサイト

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (19)

『21世紀へ』(19)




現在では、ビジネスをする上で「競争」「協働」「共創」が
キーワードになっていると思います。


正当な競争がお互いの価値を高め、協働(コラボレーション)
によって、リスクヘッジを図りながら、相互補完の目的で
共創することが求められている、と考えています。


ただし、そこには常に「顧客」の存在を念頭に置いた
モノづくりのこころ、商いのこころがなくてはなりません。


このことは何も、メーカーや流通業に限った話ではなく、
マスメディアにおいても番組作りや紙面づくりに生かして
いかないといけないことです。


番組を提供する側の人たちは、次の意見に耳を傾けてほしい
と思います。


 私がテレビに少しかかわるようになって、

 テレビ側の姿勢としても本当によくない

 と思っているのは、テレビを作る側が

 「自分たちは、見る側よりも頭がいい」

 と無意識に思い込んでいることです。

 テレビのコンテンツを決定する権限の

 ある社員はすべての人とはいいませんが、

 視聴者を中学生くらいの能力しかない、

 というふうに想定して、視聴者に過度な

 「易行(いぎょう)」(難行に対する言葉で、
 
 他力本願の教えのこと)と「ゼロイチ議論」

 (物事をすべて単純化してしまい、その
 
 尺度でちょっとでも引っかかったものは

 すべて排除してしまう考え方)を押しつけて

 います。その結果、想定視聴者の中学生に

 すらそっぽを向かれます。

 (『高学歴でも失敗する人、学歴なしでも
 成功する人』 勝間和代 小学館101新書 P.89) 





 最後に、もう一つ大事なことを書かな

 ければならない。それは「協力」という

 ことだ。君の特徴がわかり、活かされ、

 さらに磨かれなければならないという

 ことは、今まで述べてきたとおり大事な

 ことだが、ビジネスは個人プレーではない。

 団体競技なのである。そこにチームプレー

 の重要性が現れてくる。   
 
                     (P.87)

         (055-1-0-000-343)



 


 少なくともビジネスというものは自由競争

 というもののなかにある。企業というもの

 は自由経済機構、すなわち競争を前提として

 いるわけで、競争ということは闘いを前提

 としているわけだ。だから、仕事ばかりで

 寂しいじゃないかといって、そういう人生

 がいやな人は企業のなかに入っちゃいかん。

 自分が寂しいと思っている間に、ほかの

 相手が商売のことを考えていたら、自分は

 やられちゃう。
 
                     (P.91) 

         (056-1-0-000-344)





 本当のエグゼクティブというのは、やはり

 各々自分の専門分野では最高のナレッジを

 持っていなければならない。それを持っている

 スペシャリストというのが、本当のスペシャ

 リストだ。

                      (P.94)

         (057-1-0-000-345)







記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング



こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (18)

『21世紀へ』(18)




盛田さんは「競争」という言葉を何度も使っています。
世の中は競争がなければ、良くなっていきません。


こんなことを考えてみました。
ある町にスーパーマーケットが1つしかなかった
とします。


周囲にはその他には店がなく、住民はそのスーパー
を利用するしかありません。


そうすると、どういうことが起きるかといいますと、
お分かりのようにスーパーは価格を自由に決められます。


競争相手がいないのですから、やりたい放題も可能です。
住民はそのような状況でも従わざるを得ません。


そうした状況を変えるには、競合他社が進出することです。
お互いに切磋琢磨して、より良いサービスを提供しようと
すれば、住民にとって大いにプラスになります。


今、小学校や幼稚園では、徒競走などで順位を付けない
そうです。同時にスタート(機会の平等)して、ゴール
する順位は1位、2位、3位・・・(結果の不平等)と
なるはずが、全員同着(結果の平等=不公平)はおかしい
です。


つまり、一所懸命にやって成果を上げても、適当にやって
成果が上がらなくても同じ評価を受けるということです。


世の中はすべてランク付けされます。


小さいうちだから「結果の平等=不公平」が許される
というのは、モンスター・ペアレンツのエゴでしか
ありません。


世の中には、もっとおかしなことがあります。
チャンスを平等に与えないことです。門前払いです。
これは不公平極まりないことですが、官公庁や業界の
慣習やしきたりでそうなっていることがあります。


最終的に、割りを食うのは「生活者」であることを
忘れてはなりません。


健全な競争は、社会の発展のため、人の向上のために
欠かすことができない大切なものです。






 会社がいつも前進するためには、他人の

 踏んでいない道を進まなければならない。

 他人の踏んでいない道を進むためには、 

 他人の教えをそのままやっていたのでは

 間に合わない。他人の教えを受けても、

 その上に自分の知恵を加えて、自分の道を

 切り拓らかねばならない。それには、君は

 自分の力をいつでも磨く努力をしていなければ

 ならない。自分の特徴を活かし、その特徴を

 毎日磨き、向上させる努力を続けなければ

 ならないのである。   
 
                     (P.85)

         (052-1-0-000-340)



 


 自分の力は自分自身で磨かなければならない。

 そのためには、いつでも競争には必ず勝つ

 というファイトを持っていることが大切だと

 思う。競争がいやなら、「会社に入ったのが

 間違いなのだ」と考えねばならない。
 
                     (P.86) 

         (053-1-0-000-341)





 会社は競争をしている。競争に勝つためには、

 やはり最小限の努力で最大の効果をあげること、

 つまり、社員の一人一人がもっとも効果的に

 働くということがいちばん大事だ。

                     (P.86)

         (054-1-0-000-342)







記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング



こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (17)

『21世紀へ』(17)




「試験」について、盛田さんが力説している個所が
ありますが、京セラの創業者にして名経営者の
稲盛和夫さんが、編み出した「成功の方程式」
に共通する点があります。


成功の方程式=能力 × 熱意 × 考え方


能力と熱意は、0~100まであります。
ところが、考え方には-100から100まで
あります。


3つの項目は掛け算であるので、考え方が
間違っていると、全体はマイナスになって
しまうというものです。


しかも、厄介なことに能力も熱意も大いにあるが、
考え方が間違っている人は、全体では大きな
マイナスになってしまうのです。


この方程式を常に、考えていないといけません。





 社員の一人一人が、その得意の分野で

 最大限に能力を活かしてこそ、その

 会社が競争に勝ち抜けるのだ。  
 
                     (P.83)

         (049-1-0-000-337)



 


 会社では毎日毎日が試験の連続なんだ。

 そのうえ、学校の試験では、いくら

 できなくても――たとえ白紙で出し
 
 ても零点であり、逆にいくらできても

 満点である。満点が100点であれば、

 100点以上の点数はくれない。

 ところが会社の試験はそうではない。

 できが悪いとマイナス点になる。

 ときにそれはマイナス1000点、

 マイナス1万点にもなるだろう。
 
                     (P.83) 

         (050-1-0-000-338)





 この試験の採点者は誰だろう。課長

 だろうか、それとも社長だろうか。

 いや、それは競争会社なのである。

 競争会社との「競争」ほど、厳しい

 採点者はいないものだ。これから

 毎日毎日、 君はそういう試験に

 直面して、競争相手の非常に厳しい

 採点を受けていかねばならない。

 君ばかりではない。君の会社の社長

 をはじめとして、全社員が毎日試験

 受けているのである。われわれ会社

 で働く者は、本当に1分、1秒も

 おろそかにできないことを自覚して

 もらいたい。 

                  (PP.83-84)

         (051-1-0-000-339)







記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング



こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦

『21世紀へ』盛田昭夫 ワック 2000年11月21日 初版発行 (16)

『21世紀へ』(16)




先月(2014年2月)、ロシアのソチで開催された、
冬季オリンピックでは、男子フィギュアスケートで
羽生結弦選手が、日本男子初の金メダリストとなりました。


さらに、スケボーハーフパイプで最年少(15歳)
の平野歩夢選手が銀メダル、スキージャンプで
ベテラン葛西紀明選手も銀メダルを獲得するなど、
全メダル数8個という成果を収めました。


メダル取得者には、「プロフェッショナリズム」があった、
と思っています。


たとえアマチュア選手であっても(平野歩夢選手はプロ)、
プロ意識が最後まで持続したのです。


プロ意識とは、勝つために努力するのは当然のことで、
結果が全てという意味です。


アマチュアは努力したことが讃えられ、結果が思わしく
なくても、評価されます。


そうした両者の違いは、プロフェッショナリズムの有無
にある、と考えています。


ビジネスにおいても全く同様で、成果を出せなければ
プロではないのです。


「成果は出せなかったが、よく頑張ったな」と言われて
いるうちは、アマチュアである、と自覚しなくてはなりません。


そのようなことを教えているのが、盛田さんの言葉だ、
と思います。





 スポーツのオリンピックには、よくいわれる

 有名な言葉がある。「オリンピックは、

 参加することに意義がある。勝敗は

 二の次である」というクーベルタンの

 言葉だ。しかし、われわれのビジネス・

 オリンピックでは、参加することに意義

 がある、というような悠長なことは

 いっておれない。参加するだけでは全然

 意味はない。参加する以上は、その

 オリンピックで勝たなければならない

 のだ――これが第一なのである。   
 
                   (PP.79-80)

         (046-1-0-000-334)



 


 井深社長と一緒に、われわれ少数の者が

 うちの会社を始めたとき、われわれの

 会社が生き延びるためには何をしたら
 
 よかろうと、いろいろ考えた。結論は、

 われわれのいちばん得意な、電子工学の

 技術を活かす以外に勝つ方法はないという

 ことだった。だから、われわれはこの技術

 を活かして、なんとかして新しいものを

 開発していこうという決心をした。
 
                   (PP.80-81) 

         (047-1-0-000-335)





 いつまでも勝ち抜くためには、われわれの

 貴重な戦力を本当に得意な専門的なものに

 集中しなければならないのだ。オリンピック

 で、いろいろな種目で勝つようなことは、

 われわれにはできることではない。やはり、

 自分の得意なことで勝つ以外にないんだと

 いうことを、よく知らねばならない。

 得意なことだけ一生懸命やることによって

 のみ、競争に勝てる――これは簡単明瞭な

 原則である。  

                     (P.81)

         (048-1-0-000-336)







記事が面白かったら
ポチッとして下さい。
藤巻隆(ふじまき・たかし)オフィシャルブログ-人気のブログランキング



こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)



孫子の兵法前編1


孫子の兵法前編2


孫子の兵法前編3


孫子の兵法前編4


孫子の兵法後編1


孫子の兵法後編2


孫子の兵法後編3


孫子の兵法後編4


盛田氏の挑戦

         
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
6501位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
409位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。