スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (17)



『ネクスト・ソサエティ』(17)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 正しい仮説

 課税に対し、日本についての正しい仮説は

 次のとおりである。

 第1が、官僚の優位性はほとんどあらゆる

 先進国で見られるとの仮説である。アメリカ

 といくつかのあまり人口の多くない英語圏の

 国、すなわちオーストラリア、ニュージーランド、

 カナダのほうが例外である。


 第2が、日本の官僚は、われわれが考えるより

 もはるかに耐久性があるというものである。日本

 の官僚は、長年の不祥事と無能の暴露にもかか

 わらず権力を維持してきた。


 第3が、先進国では、アメリカを別として、社会の

 維持にはエリートの指導力が必要とされていると

 いうものである。後を継ぐ者が現れないかぎり、

 既存の指導層に頼らざるをえない。


 第4が、日本では先送り戦略が有効であるという

 ものである。


 そして第5が、日本の政治家、官僚、経済界など

 の政策形成者にとっては、大事なのは経済よりも

 社会であって、先送りこそ合理的な戦略であると

 いうものである。


                     (PP.250-251)

         (049-1-0-000-475)

 



 


 天下り問題

 当人にとっての最高のポストに到達した45歳から

 55歳の官僚が大企業などに迎えられるという、
 
 日本語でいう天からの降臨すなわち天下りは、

 アメリカでは日本特有のものとされている。それは、

 日本における官僚の支配、権力、特権のあからさま

 な象徴とされている。しかし、これはアメリカを含む

 あらゆる先進国に共通する慣行である。

            
                     (P.252) 

          (050-1-0-000-476)

 





  フランスでは、40歳から45歳で栄ある財務官に

 任命された後、産業界や金融界のトップに天下る。

 権力をともなう重要な地位のほとんどが元財務官

 で占められている。イギリスでさえ、高級官僚は

 銀行や保険会社の頭取や社長に天下る。

 アメリカでも天下りは周知のことである。何十人もの

 元将軍や元提督が、防衛産業や宇宙開発産業に

 役員として天下る。議会スタッフや政治任命の官僚

 というワシントンの支配層が、ロビイストや法律事務所

 のパートナーとして迎えられる。

 ところが、日本の官僚は絶頂期にあった1970年当時

 でさえ、経済的な影響力ではヨーロッパの官僚に遠く

 及ばなかった。フランスやドイツでは政府自らが経済

 活動の相当部分を所有している。


                      (PP.252-253)

          (051-1-0-000-477)

 








この文章を読むまで、官僚の「天下り」は日本特有の慣行
である、と思っていました。


実はそうではなかったのですね。
アメリカでも、フランスでも、さらにイギリスでさえ、「天下り」
は周知のことだったのです。


なぜ日本の官僚制度ばかりが、海外から批判されるのでしょう。
その理由の1つは、やはり欧米諸国のほうが日本よりかなり上位
にあるという意識が強いからでしょう。


それでも言えることは、民主党と共和党の2大政党制を採用する
アメリカでは、政権が取って代わると、官僚を含む役人は入れ
替わるのに対し、日本ではそのまま維持されることです。


つまり、日本では政権が変わろうと、官僚を含む国家公務員は
地位を維持できるということになります。権力を維持、継承して
いけるのです。一度握った既得権益を手放すことなどしません。
どんなことをしても守ろうとします。


一見すると、規制緩和(ディレギュレーション)が行われたように
見えて、実は名称だけ変えて復活しているケースはいくらでも
あります。



さて、長い間『ネクスト・ソサエティ』からピーター・F・ドラッカー
の名言をご紹介してきましたが、今回で最後になります。


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。


次回からは、『マキアヴェッリ語録』(塩野七生 新潮文庫 
1992年11月25日 発行)から名言をご紹介します。


この本の冒頭(「読者に」)で、塩野七生さんは、次のように
ことわっています。

「この『マキアヴェッリ語録』は、マキアヴェッリの思想の
要約ではありません。抜粋です」


できるだけ忠実に、そうかと言って完訳でもなく、抜粋に
した理由については、スタートする際にご紹介しましょう。


ご存じのとおり、マキアヴェッリは15~16世紀イタリアの
政治思想家です。日本では「権謀術数」を操る、悪いイメージ
が固定化していますが、この本を読むとそのイメージが覆され
ます。


「目的は手段を正当化する」
マキアヴェッリの言葉として、特に有名です。


目的のためにはどんなことをしてもよいのだ、という意味に
なります。


ですが、この言葉の前後を読み、文脈の中でこの言葉を
もう一度捉え直すと、決してそれほど単純なことではない
ことに気づきます。


彼は一定の条件下においては、それも許されるというような
ことを書いています。無条件で認められるわけではありません。


この本の中には、私たちが日常何気なく使う言葉がマキア
ヴェッリが言った言葉だったのか、と気づくことが多くあります。


そのような事例もご紹介していきます。


ご期待下さい!







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
スポンサーサイト

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (16)



『ネクスト・ソサエティ』(16)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 ▷ 21世紀最大の不安定化要因は何か?

 ――何といっても人口構造の変化である。

 ただし、先進国における最大の問題は高齢化ではない。

 少子化のほうである。人口の水準維持に必要な出生率

 2・2を超える国は、先進国ではアメリカだけだ。

 しかし、それも子供4人が当たり前のラテン系のおかげ

 である。 
    
                     (P.222)

         (046-1-0-000-472)

 



 


 変動相場制は、おそるべき通貨の不安定化を

 もたらす一方において、膨大な世界通貨を

 生み出した。この世界通貨は、グローバル経済

 とその通貨市場以外の場には存在しない。

 それは、投資、生産、消費、貿易などの経済活動

 ではなく、通貨取引によって生み出される。

 価値の尺度、富の蓄積、交換の手段など、

 いかなる通貨の定義にも当てはまらない。

 いかなる属性ももたない。それは現実の通貨では

 なく、いわばバーチャルな通貨である。

 しかし、その力は本物である。あまりに膨大な

 ために、一国への出入りそのものが、金融、

 貿易、投資にともなう通貨の流れよりもはるかに

 大きなインパクトを与える。1日で、全世界が

 貿易と投資において1年間に必要とする額を

 取引する。経済的な機能をもたないがゆえに、

 まったく自由に移動する。トレーダーがクリック

 するだけで、数十億ドルが通貨から通貨へと

 移動する。通貨としてのいかなる経済的な機能

 ももたず、金融上のニーズも満たさないがゆえに、

 経済の論理に従うことがない。移り気であって、

 噂や予期せぬことによって簡単にパニックに陥る。

            
                     (PP.234-235) 

          (047-1-0-000-473)

 





 国際貿易理論は貿易に投資が続くことを当然
 
 としてきた。また多くの人が貿易とは財の貿易

 のことと思ってきた。しかし、今日では投資に

 貿易が続いている。しかも財の移動よりも

 サービスの移動がグローバル経済の駆動力

 となっている。

 第二次大戦後、財の貿易はいかなる時代よりも

 急速に伸びた。しかし、金融サービス、経営コン

 サルティング、会計、保険、小売りなどのサービス

 の貿易のほうがさらに伸びている。かつてこの

 サービス貿易は統計さえとられなかった。

 ところが今日では、サービス輸出はアメリカの

 全輸出の4分の1を占め、唯一の黒字の稼ぎ手

 となっている。このサービス貿易は貿易理論に

 従わない。そのほとんどがレートの変動と関係

 がない。レートに敏感なのは旅行業だけである。


                      (P.240)

          (048-1-0-000-474)

 







1日の通貨取引の量はどのくらいなのでしょうか?

ただし、実需の通貨取引(貿易や旅行代金の決済など)
よりも、ドラッカーが言うように、バーチャルな通貨取引
のほうが圧倒的に多いことは間違いありません。


さっそく、調べてみました。
国際決済銀行(BIS)による統計数値です。


外国為替市場 Wikipedia から



国別で見ると、英国が1位でした。
私はてっきり米国だと思っていました。
確かに、外国為替取引における通貨は、
米ドルが1位ですが、取引の多くは英国で
行われているということですね。


日本の外国為替取引額は、英国の7分の
1くらいです。


全世界で1日に外国為替取引が行われる総額は、
英国の数値を参考にすれば、約6兆6650億ドル
(2兆7260億ドル/40.9%)ということになります。


ものすごい金額ですね! 1日当たりですからね。


「銀行間取引を大別すると、直物取引、先物取引
およびスワップ取引に分かれる」
(上記ウェブサイト から)
ということです。


ドラッカーが言う「現実の通貨ではなく、いわば
バーチャルな通貨である」とは、このような外国為替
取引のことを指しています。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (15)



『ネクスト・ソサエティ』(15)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 1911年にシュンペーターが明らかに

 したように、経済活動の現実は創造的

 破壊による動的な不均衡である。

 今日の理論では市場で起こっていること

 を説明できない。そもそも市場が予測

 不可能なシステムではない。本質的に

 不安定なシステムである。不安定である

 以上、何者といえども自らの行動基盤を

 既存の市場に置くことはできない。人間

 行動を説明すべき理論としてはかなり

 深刻な問題である。

 明らかなことは、長期の均衡さえ短期の

 反応の集積にすぎないということである。

 しかし、まさにこのことが市場の強みで

 ある。市場が短期を規定する。 
    
                     (PP.205-206)

         (043-1-0-000-469)

 



 


 日本にはグローバル経済の経験が

 ほとんどない。産業のほとんどが保護

 されたままであり、おそろしく非効率で

 ある。紙を輸入することになれば、大手

 の製紙会社は2日もしないうちに消える

 かもしれない。

 金融サービスでも、門戸を開放した都度、

 アメリカその他の金融サービス機関に

 市場をもっていかれている。すでに外国

 為替取引は外国企業に握られた。

 外為のトレーダーになるには英語が不可欠

 である。2カ国語は流暢に話せなければ

 ならない。日本語はジュネーブではあまり

 使われない。資産管理の市場が開放された

 ときも、半年後には外国企業に取られて

 しまった。日本には腕のよい資産管理マネ

 ジャーがあまりいなかった。
            
                     (P.217) 

          (044-1-0-000-470)

 





 いま言ったことすべてにかかわらず、日本を

 軽く見ることはできない。一夜にして180度

 転換するという信じられない能力をもっている。

 ただし助け合いの伝統のあまりない日本では、

 痛みは耐えがたいものとなろう。

                      (P.218)

          (045-1-0-000-471)

 







ドラッカーは、日本の企業に対し、相当手厳しい
指摘をしています。「傷口に塩を塗る」ような指摘
です。


ですが、その反面、日本は決して侮れないこと
も指摘しています。偏見を持って話しているの
ではないことが分かります。


それは、ドイツとともに敗戦国でありながら、
戦後、短期間で復興を成し遂げた国であることを
認めているからです。


ドラッカーの指摘の中で、金融サービスに関する
日本の金融機関の状況は、この本が出版された
2002年から13年後の今日でも、ほとんど変わ
っていないことに気づくことでしょう。


日本の金融機関が設定した投資信託(ファンド)
が世界中で取引されている例は、私が知るかぎり
ありません。少なくとも日本のファンドで、世界で
名の通ったファンドはありません。


「東京市場にフジマキあり」と言われた、藤巻健史
さんのような、著名なトレーダーもほとんどいま
せんね。


藤巻健史さんは、米モルガン銀行東京支店長を
務めていた時、外為と債券、株式のトレーダーを
兼務していて、特に債券の売買で莫大な利益を
上げ、米国でも名を知られた存在でした。


ちなみに、伊勢丹のカリスマバイヤーとして有名
だった、故・藤巻幸夫(後に幸大と改名)さんとは
ご兄弟です。


他には、ニューヨーク在住の大竹愼一さんを著作
を通じて知っているくらいです。


外国為替取引において、米ドルが以前と比べ、
弱くなったとは言え、基軸通貨であることに変わり
ません。米ドル、欧州ユーロ、日本円が主要通貨
ですが、世界中どこででも使えるのは、米ドルだけ
です。


日本円が基軸通貨になることは、これからもない
でしょう。


「日本語はジュネーブではあまり使われない」
という記述は、思わず苦笑いしてしまいました。


ニューヨークに国連本部があり、ジュネーブには
国連事務局があります。


どちらにおいても、日本語は公用語にはなって
いない、と言われているのと同じです。


外国為替市場で、どの通貨がどれだけの比率で
使われているかを示す資料が見つかりましたので、
ご紹介します。



立命館大学の奥 田 宏 司さんの論文の中から
です。


2013 年の世界の外国為替市場における取引
(BIS と各国中央銀行の調査)
― ユーロと人民元に注目しながら ―
奥 田 宏 司



 BIS が通貨別取引を比率で示したのが第 2 表である

 (すべての種類の全為替取引額に対する各通貨の取引

 額比率、全比率は合計すると 200%)。

 一方がドルになっている取引は 13 年に87%、

 同じようにユーロが 33%、円が 23%、ポンドが

 12%などとなっている。

 この 4 通貨で200%のうちの 155%を占めている。

 以下、オーストラリア・ドル、スイス・フラン、カナダ・

 ドルとなっており、これらの先進諸国通貨を含めると

 174%となる。10 年以後、新興諸国通貨の成長が

 みられるが、世界の外為市場で取引されている諸通貨は

 依然として先進諸国通貨が圧倒的である。
 

 2013 年の世界の外国為替市場における取引
 (BIS と各国中央銀行の調査)
 ― ユーロと人民元に注目しながら ―
 奥 田 宏 司
 から


外為取引の通貨区分比率

外為取引の通貨区分比率



米ドルの取引比率が圧倒的であることが、この資料からも
理解できますね!







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (14)



『ネクスト・ソサエティ』(14)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 19世紀のシティの繁栄は、ドイツから

 来たネイザン・ロスチャイルドによって

 もたらされた。ナポレオン戦争後、

 ロスチャイルドは長期債券のロンドン

 での引き受け、発行、売買を通じ、

 ヨーロッパ諸国と南米の新興独立国

 へ融資することによって資本市場を

 つくり出した。

 シティにやってきたのはロスチャイルド

 だけではなかった。同じくドイツから

 シュローダー、ノルウェーからハンブロス、

 フランスからラザール、アメリカから

 J・P・モルガンがやってきた。彼らは

 ロンドンに現地法人をつくった。

 国籍をとる者も多かった。


 彼らがロンドンを選んだのは、イギリスが

 世界一の貿易国だったからだけでは

 なかった。これまた、主としてロスチャイルド

 の発案であり貢献だった。

 ウォルター・バジョットの『ロンバート街』

 (1873年)に明らかなように、ロスチャイルド

 の貢献によって、ロンドンが世界でも抜きん

 でた情報センターになっていたからだった。

 ロスチャイルド家では、兄弟のそれぞれを

 ヨーロッパ各地の金融中心地に配置し、

 伝書鳩によるイントラネットをもっていた。

 それはすでに、ロンドンにいるネイザンを

 CEOとするグローバル企業だった。  
    
                     (P.187)

         (040-1-0-000-466)

 



 


 いかなる産業といえども、外の世界、

 すなわち顧客にサービスを提供する

 ことなしに、繁栄どころか生き延びる

 ことさえできない。
            
                     (P.192) 

          (041-1-0-000-467)

 





 経営陣が大金を懐に入れつつ大量の

 レイオフを行なうことは、社会的にも

 道義的にも許されない。そのような行為

 が一般社員にもたらす憤りとしらけは、

 必ず高いつけとなって返ってくる。

 人間として生きるということの意味は、

 資本主義の金銭的な計算では表せない。

 金銭などという近視眼的な考えが、生活

 と人生の全局面を支配することがあっては

 ならない。

                      (P.204)

          (042-1-0-000-468)

 







ロスチャイルドで思い出したことがあります。
昔、『赤い盾―ロスチャイルドの謎』という、
2分冊の本を読みました。

  

ロスチャイルドは、ドイツ語で
ロート+シルト→赤い盾
の意味だそうです。
なお、盾とは別に表札の意味もある、
とのこと。


『赤い盾』を読むと、ロスチャイルド家は、
今でも陰に陽に世界中に影響力を及ぼ
していることが分かります。


ドラッカーが、『ネクスト・ソサエティ』の中で、
ロスチャイルドについて語ったのは、
米国ウォールストリートと、英国シティという
世界の2大金融市場の一角を「占有」して
いたという歴史的事実を認めていたからに
違いない、と思います。


その一方で、ドラッカーはこう語っています。
「人間として生きるということの意味は、
資本主義の金銭的な計算では表せない。
金銭などという近視眼的な考えが、生活
と人生の全局面を支配することがあっては
ならない」


金銭はとても大切なモノですが、それに
支配されてはならないのです。
キレイ事のように感じる方もいるかもしれ
ませんが。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)

『ネクスト・ソサエティ』 P・F・ドラッカー (13)



『ネクスト・ソサエティ』(13)





ドラッカーについては、改めて詳しくご説明する必要
がないくらい有名な人物ですので、概略に止めます。


 
 ビジネス界にもっとも影響力をもつ思想家

 として知られる。

 「分権化」「目標管理」「経営戦略」「顧客第一」

 「知識労働者」「ベンチマーキング」「コア・コン

 ピタンス」などのマネジメント理念を生み出し、

 発展させてきた。

 クレアモント大学院大学教授。

 1909年11月19日生まれ。

 2005年11月11日死没
 

 (「著者紹介」から)








 統計的にも、いかなる組織といえども、

 優れた人材を多数もつことはできない。

 知識が基盤となる社会と経済において

 他に抜きんでる道は、普通の人材から

 より多くを引きだすしかない。すなわち、

 知識労働者の生産性を高めるべくマネ

 ジメントするしかない。昔からの諺をくり

 返すならば、「普通の人間に普通でない

 ことを行なわせる」ことが課題である。

      
                     (PP.178-179)

         (037-1-0-000-463)

 



 


 知識労働者の生産性の重要度については

 強調しすぎることがない。知識労働の特性は、

 働き手が労働力ではなく資本だというところ

 にある。資本の働きを決めるものは費用の

 多寡ではない。量でもない。

                     (P.180) 

          (038-1-0-000-464)

 





 実は、書類仕事を減らすことのメリットは、

 人間関係に使う時間を増やすことにある。

 企業の幹部たる者は、大学の学部長や

 オーケストラの指揮者ならば当然のこと

 としていることを知らなければならない。

 優れた組織をつくりあげる鍵は、働き手の

 潜在能力を見つけ、それを伸ばすことに

 時間を使うことである。

                      (P.182)

          (039-1-0-000-465)

 







今回のキーワードは、
知的労働者の生産性向上
です。


ドラッカーは、知的労働者の生産性向上のため
には、
「普通の人間に普通でないことを行なわせる」
ことだ、と述べています。


つまり、知的労働者の潜在能力を引き出す
ためのマネジメントが大事だ、ということです。


別の言い方をすれば、経営者には知的
労働者の潜在能力を見い出す洞察力が、
不可欠だということです。


さらに、ドラッカーは、潜在能力を顕在化し、
伸ばすことに時間を費やすことである、とも
述べています。



一般企業を例にとって説明しますと、経営者は
各部署の責任者を適材適所に配置できるか
どうか、がまず問われます。


そして、各部署の責任者の直下に、潜在能力
のある社員を置くことができるか、にかかって
います。


問題は、どの程度の潜在能力を秘めているか
を知るには、とにかく何かプロジェクトを実際に
やらせてみるしかないことです。


潜在能力を顕在化させる方法は、実践しか
ありません。


もちろん、成功ばかりか、失敗することもある
でしょう。


ですが、それが生きた重要な体験になります。
「失敗体験」を共有することで、その後のプロ
ジェクトを遂行する際に、大いに役立ちます。


もちろん、上司は部下にやらせっぱなしにする
のではなく、プロジェクトの進捗状況をチェック
することを怠らず、部下からの報告をただ聞く
だけでなく、自ら確認にし行くことを厭わない
ことです。


最終的な責任を負わなければならないのは、
直属の上司ですから、その点を肝に銘じておく
必要があります。


部下の手柄を横取りしたり、部下に責任転嫁
するのは、厳に慎まなくてはなりません。


以上の点に留意して、人材の配置を行わない
限り、知的労働者の生産性向上は望み薄です。







こちらのブログもご覧ください!
藤巻隆のアーカイブ



私の書棚(読み終わった本の一覧)
検索フォーム

プロフィール

藤巻隆のブログ

Author:藤巻隆のブログ
藤巻隆(ふじまき・たかし)です。

私の他のブログを、ご覧いただい
ている方がいらっしゃるかも
しれません。

新たにブログを追加しました。

今回は、名言やキーワード、
あるいは使いたい言葉を
テーマにしました。

雑誌や書籍から選んだ言葉を
ご紹介していきます。

このブログは、言葉のデータ
ベースとして、また備忘録
としての機能を持つものです。

私が読み終わった雑誌や書籍
から言葉をご紹介するブログ
です。

ご愛顧いただけると光栄です。

カウンター

ランキング

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

サイト内ランキング



アフィで稼ぐ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
12030位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
哲学・思想
671位
アクセスランキングを見る>>

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

アマゾン・サーチボックス

スポンサード・リンク

だいぽん
抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか? 抜群の安定性と爆発力を誇るアフィリエイトの 秘訣を徹底解説しています。 だいぽんさんが今も月500万~1000万くらい稼いでいる ノウハウです。 あなたも安定的な収入の柱を作りませんか?

最新コメント

最新トラックバック

アクセスアップ

アクセスアップのために、これらを使ってみてください。オートサーフですから手間いらずです。

スポンサード・リンク

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。